派遣社員の中で残業が発生しやすい職業

派遣社員として働く場合、基本的には職業に関係なく仕事の量が多い時は残業が発生しやすいです。師走や年度末の前の繁忙期は、どの職業でも忙しくなる理由で残業が発生しますが、派遣の場合は任意で参加するかどうかを決められる事が多いです。残業に参加するかを考える男性
基本的に工場などで働く派遣社員は業務の多さで時間外の動労が決まりやすいので、基本的に残業が発生する事を念頭に置きながらの作業を心掛けます。店舗での販売員などの接客などに関わる職業の場合は、基本的に営業が終了するまでに仕事を終えてしまうので、時間外労働は発生しない事も多いです。但し、派遣社員として責任のある立場で採用されていたり、店長職などの責任のある立場として働く場合は、人手の状況などの要因で長時間の残業を課す事もあります。
プログラマーやシステムエンジニアなどのIT職の場合、ソフトなどを開発する時に指定の納期に遅れない事が前提で、完成度や納期の状況によって残業の時間が変化しやすいです。
責任に重さで考えると、正社員と比較して時間外労働の時間は短い傾向で、事務職で派遣として働く場合は多くても時間外労働は1時間程度で、他の業種に比較して短時間で残業が終わる事が多いです。
作業員として働いている時、基本的に会社の規定で労働をする事が基本で、1ヶ月当たりの所定の時間外労働を行う事が盛り込まれています。生産などの事情によっては、人手不足などのやむを得ない事情で予定よりも長く時間外労働を行わないといけない場合もあります。
体に負担を感じる残業は断っても構わないが、体力に関して余裕があって、それぞれの職業で請負先から評価を上げたければ積極的に時間外労働を受け入れる事が大切です。